冬毛布の洗濯の頻度はどのくらい?ゴワゴワしない洗剤や干し方ってあるの?

冬の毛布って綿毛布と異なり厚みもあって洗濯が大変ですよね。

冬の毛布の洗濯頻度って一体どのくらいなのでしょうか?

また、家庭で洗濯するとゴワゴワしたこともあったのですが、ゴワゴワしない洗剤や干し方ってあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

冬の毛布の洗濯はどのくらいの頻度で洗ったらいいの?

 

明確な決まりはありませんが、毛布の洗濯が望ましいのは月に12回。

でも、仕事で忙しかったりお天気の都合もあったりで、実際はなかなか厳しいところもありますよね。

そんなあなた、毛布の洗濯のタイミングは年に3回以上と心掛けるのはいかがでしょうか。

 

  1. シーズン前に毛布を出すとき
  2. シーズン後に毛布をしまうとき
  3. シーズン中に1回以上

 

こう考えると、少しだけ毛布を洗濯するハードルが下がりませんか?

 

洗濯をしなくても毛布の日頃のお手入れは、風に当てたり日陰干しをしたりする程度でも十分です。

毛布を干したときは、少し叩いてホコリや汚れを落とすことをおすすめします。

 

ちなみに「旅館業における衛生管理」で厚生労働省が毛布の洗濯を推奨する項目の中に以下の3点があります。

・日光消毒と十分なはたきを適切におこなう。

・月に1回以上60℃、30分の加熱乾燥する

・同等の加熱処理をおこなう
【参考資料:厚生労働省 旅館業における衛生等管理要領】

旅館やホテルで日中、布団や毛布を干す光景が見られるのはこの基準に基づいているのですね。

 

 

 

毛布がゴワゴワしない洗剤や干し方は?


毛布がゴワゴワしてしまうのは、素材の確認をしないで洗濯をしてしまうことが一番の原因かもしれません。

まず洗濯表示を確認しましょう。素材によっては自宅で洗濯できないものもあります。

そして、洗濯機の容量も重要です。

シングルサイズの毛布でも洗濯機を洗うなら78㎏サイズを使ってください。

 

容量が小さい洗濯機は洗濯途中でエラー表示が出てしまい、止まってしまう可能性もあります。

 

AA

私にも経験があるのですが、洗濯機の容量が十分でも「標準」コースで洗ってしまうとエラーが起こり、洗濯機が止まってしまうことがあります。

洗濯コースに「手洗い」や「毛布」がある場合は必ず選んでくださいね。

じゃばらにたたんで専用の洗濯ネットに入れるのもゴワゴワを避ける洗濯方法のひとつです。

 

ウールの毛布のお手入れ

ウール素材毛布は洗濯機で洗濯出来ないと考えた方が良いです。

洗濯表示をよく確認してください。

お手入れは、基本的に陰干しして風に当てるだけで十分です。

汚れやホコリは干したときに叩いて落とします。

ウールはホコリや汚れを吸い込みやすい繊維になっていますので、時々日陰に干して叩いて汚れを落としましょう。

洗濯する場合はドライクリーニングに出します。

 

シルクの毛布のお手入れ

シルクも基本的に洗濯機では洗えないと考えてください。

こちらも、日頃のケアは風に当てるだけで十分です。

クリーニングに出す際も素材を伝えておいてからお願いした方が良いでしょう。

 

アクリル毛布、綿毛布、ポリエステル毛布のお手入れ

アクリル素材の毛布は、洗濯表示に洗濯OKと書いてあれば自宅の洗濯機で洗うことが出来ます。

中には、洗濯機で洗濯出来ないものもあるので、表示は確認してくださいね。

 

綿毛布・ポリエステル毛布は、洗濯機での丸洗いが可能です。

 

 

上に挙げたように、ウール・シルク・アクリル素材の毛布は洗濯表示が重要です。

ウールやシルクなど、動物性の繊維が100%のものは、基本的に洗濯機では洗えないと考えた方がゴワゴワや縮み対策にとって安全です。

 

洗濯表示が水洗い可能であれば、洗濯機で洗うことも出来ますが、洗濯機の容量に注意です。

自宅の洗濯機が小さい場合は、ドライクリーニングに出しましょう。

お風呂場で手洗いする、という方法もありますよ。

 

毛布のゴワゴワの原因は?洗剤は何がいい?

毛布がゴワゴワする原因は、摩擦・直射日光も関係しています。

さらに洗濯洗剤の成分も重要です。

 

漂白剤と塩素はNGです。

 

基本的におしゃれ着用の中性洗剤を選べば、漂白剤や塩素が入っていることを避けられます。

風を当てる日陰干しでも、丸洗いでの干し方もおすすめなのはM字で干すこと

M字型にすることで風の当たる面が増え、早く乾かすことが出来るようです。

 

 

ゴワゴワを避けるためのポイントは干した後、乾く前のブラッシングです。

ブラッシングすることにより、繊維や毛並みが綺麗になり風合いが戻りますよ。

 

プロ仕様の業務用の毛布洗剤も売ってますね。

クリーニング屋さんの寝具専用洗剤 160ml毛布 タオルケット 布団など ご自宅での寝具の洗濯に プロも使用する業務用の 布団洗剤 毛布洗剤【日本製】

 

毛布が洗濯機に入らなくて手洗いする場合。

洗濯機の容量が小さめで毛布を洗うのが心配、という方にはお風呂場で洗う方法があります。

浴槽に毛布を入れてシャワーでホコリなどを流したあと、浴槽に栓をして中性洗剤を入れ、足踏みや手でもみ洗いをするのです。

転倒には十分気を付けて行ってくださいね。

洗剤での皮膚トラブルが心配でしたら、ビニール手袋をしたり、ビニール袋などを足に履いたりして直接洗剤と皮膚が触れないようにする工夫をしてみてください。

 

もみ洗いの後は、シャワーかけて足踏みをしながら洗剤を十分流します。

そして浴槽のエプロン部分にかけて1時間ほど放置。

これで水をある程度、脱水することが出来ます。

1時間後、毛布を日陰で風が通るように干してください。

 

AA

ちなみに私は一度干した毛布を2時間後くらいで裏返しにしています。

乾きにむらがあったので始めてみたのですが、通常よりも早く乾く気がします。

そして午後3時から4時の取り込みで温かくふっくら仕上がるように思います。

日が沈んでからではなく、日中に取り込んでいます。

これは個人的な意見ですが、ちょっとおすすめなのでやってみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

毛布をコインランドリーで洗うときは乾燥までしたほうがいい?

まずコインランドリーで毛布を洗う前に、毛布の表示を確認して洗濯出来る素材かチェックしてください。

コインランドリーで毛布を洗う理由は、家の洗濯機に入らない、毛布が重たくて干すのが大変、ということが多いのではないでしょうか。

毛布がポリエステルなどの化学繊維であれば、乾燥機までかけることをおすすめします。

高温でダニ退治もしてくれますし、外に干さずに乾かすため花粉も付きません。

高温で通常より早く乾くためか、ふっくら仕上がっている気がします。

我が家の毛布はポリエステル素材で、多少乱暴に扱っていますがゴワゴワが気になったことはありません。

 

しかし、ウールやシルクなどの毛布は熱に弱いです。洗濯表示が可能であっても、乾燥機にかけるのは避けてください。

 

まとめ

 

毛布は素材によって洗濯の仕方が違います。

ウールやシルクは洗濯機の使用は注意。表示をよく確認してください。

化成繊維も念のため、洗濯表示をチェックしてから洗濯をするようにしてください。

 

しかし、お手入れの最初にやるひと手間は共通です。

ほこりやよごれを叩いて落とす。

ゴワゴワを避けるひと手間も共通です。

乾く前にブラッシングをすること。

そして洗剤は塩素・漂白系を避け、おしゃれ着用の中性洗剤を使うことです。

 

毛布はシーズン中、月に何回「必ず洗わなければならない」ものではありません。

自分のペースで、自分に合った方法で、気持ちよく毛布を使う季節を過ごしたいですね。

スポンサードリンク