フライパンの買い替えタイミングは?買い替え頻度やおすすめフライパンは?

普段は安いテフロン加工のフライパンを使っているのですがフライパンを買い替えるタイミングはいつなのでしょうか?

またフライパンの買い替えの頻度やテフロン加工の寿命は?

お手入れしやすい素材のフライパンやおすすめの商品もご紹介します。

 

スポンサードリンク

フライパンの買い替えるタイミングはいつ?

 

フライパンの材質はステンレス製や鉄製、銅製などいろいろありますが

みなさんのお家で使用されているフライパンはそのほとんどが

お手入れしやすいテフロン加工のフライパンではないでしょうか?

 

テフロン加工というのはアメリカの「デュポン」社製の登録商標のようです。

フッ素樹脂の配合具合の違いですが加工法はほぼ同じのようです。

テフロン加工のフライパンの正式名称は「フッ素樹脂加工フライパン」というようですね。

 

しかしみなさんテフロン加工のフライパンという言い方が馴染み深いですよね。

 

テフロン加工のフライパンへのイメージは焦げつかなくて

使いやすく安価で購入可能だが…

耐久性はあまり良くないではないでしょうか?

 

フライパンは家庭料理では毎日フル回転で大活躍している調理器具。

我が家でもフライパンを使わないという日はないぐらいですし。

 

しかしそんなテフロン加工フライパンもある日材料がこびりつきだして…

そろそろ寿命が来たのかと気づかされますよね。

フライパンのコーティングが剥がれるから焦げついたりこびりついたりします。

 

正直言ってこびりつきだしたフライパンを使うのも洗うのも主婦には

ストレスがたまりませんか?

 

チャーハンや焼きそば、餃子などフライパンがこびりつきだしたら

そのとたんにもう作るのが嫌になりますし。

 

フライパンに食材がこびりつきだしたらもうこれは買い替えるタイミングですね。

 

私は知人と以前フライパンは消耗品と考えるかそれともこだわるかで話し合ったことがありますが

知人はきっぱりと消耗品だと言っていました。

いわゆる「買い替える派」で私は「使い続ける(続けたい)派」でした。

 

我が家では以前アルミニウム材質のティファールのフライパンを使っていたことがあります。

(アルミニウム材質にフッ素樹脂加工したもの)

価格的にいつものフライパンの倍の価格でしたが2年半くらいでダメになりました。

 

永久に使えるという噂の鉄製フライパンにしようかとも迷いましたが…

やはりプロが使用しているフライパンは私的にはハードルが高いかなと

なかなか踏み切れませんね。

結局我が家は今でもテフロン加工のフライパンを使用しています。

 

フライパンの買い替えの頻度はどのくらい?テフロン加工の寿命はどのくらい?

 

テフロン加工のフライパンの耐性年数は毎日フル回転使用していると1年くらいで劣化し

フライパンとしての寿命がきます。

フッ素樹脂塗装の膜に傷がつき剥がれたりするためのようです。

いわゆる「フッ素樹脂の寿命」とも言えますね。

 

実家の母親はフライパンを毎日は使わないそうですがそれでも

3年もたないと言っていましたね。

もちろん母親もテフロン加工のフライパンを使っていました。

 

プロの調理人が使用している鉄製フライパンならばお手入れを

きちんとすれば一生モノのフライパンになりますが…

しかし鉄製フライパンは使い方やお手入れが少し面倒なイメージがあるのです。

 

スポンサードリンク

フライパンを買い替える方におすすめはコレ。素材はどれが一番手入れしやすいの?

 

みなさんはフライパンを買い替えるときにどんなことを基準に選びますか?

フライパンの価格に大きさや重さ材質のどれを重視したらいいのでしょうか。

 

耐久性のないテフロン加工のフライパンはやめる?

 

しかしながらテフロン加工のフライパンを長年愛用すると少量の油で調理でき

食材がこびりつくことなく調理できる魅力が主婦にはありがたいですよね。

このテフロン加工のフライパンは洗うときのお手入れもとてもラクですしね。

 

アルミニウム材質のフライパンにフッ素樹脂加工したフライパンで

ティファールやサーモスなどが人気モデルのようですね。

洗いやすさ、使いやすさ、軽さも共に評価されているようですし。

おすすめできる商品ですね!

サイズで価格も変わりますがほぼ5000円前後でしょうか。

 

以前私もティファールの28センチフライパンを使用していましたが使いやすかったし

安価のテフロン加工のフライパンよりは耐久性がありました。

 

鉄製のフライパンは扱いにコツが要りますがずっと使い続けられるというメリットが

鉄製のフライパンにはあります。

コツさえつかめばコスパはいいかもしれませんね。

 

お手入れ次第では鉄製フライパンは一生使い続けることも可能です。

私的にはいつか使いこなしてみたい鉄製フライパンですが…

家庭でバリバリと鉄製フライパンを使いこなすのは少し難しいイメージがありますね。

 

さいごに

 

今回はフライパンの買い替えのタイミングやおすすめフライパンなどを

ご紹介しました。

フライパンは我が家では大活躍の調理器具ですのでこだわりたいけど

できれば安価でお手入れしやすいのがいいですね!

 

まとめますとやはりテフロン加工のフライパンが一番使いやすく

人気と言えるのではないでしょうか?

 

我が家は南部鉄器製のフライパンをいつか購入したいと考えております。

価格的には5000円くらいで高価すぎるものではないですが使い方のコツや

お手入れ方法を理解してから大切に使いたいですね。

スポンサードリンク