“厄払い”ってともすると忘れてしまうことがあるのですが、厄払いを忘れた場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

厄払いっていつまでに行くのがいいのか?

 

そもそも厄払いをしない人っているのかどうか、少し気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

厄払いっていつまでに行くのがいいの?

厄払いとは何?

そもそも、厄払いとは何なのでしょうか?

まずは説明できるようでできない、厄払いとは何か詳しく調べてみました。

 

災厄を避けて無事に安泰に過ごすため祈願、祈禱することのようです。

厄とは災厄のほかに苦しみや病苦の意味があるようですね。

 

厄年とはいくつ?数え方は?

厄払いをする時はみなさん「厄年」に当たる年齢だからですよね?

 

厄年は男女で年齢が違います。

  • 男性の場合は25歳、42歳、61歳が本厄になります。
  • 女性は場合は19歳、33歳、37歳が本厄となります。

 

男女ともに本厄の前1年を前厄といい後1年を後厄いいますので

厄年は前厄本厄後厄の3年間続くことになりますね

 

そして厄年の年齢は数え年で数えられます。

自分の年齢に1歳加えた年齢を数え歳といいますので、自分の年齢に1歳足して考えてくださいね。

(数え年は生まれた時が1歳だという考え方からなのです)

 

厄払いはいつまでに行くの?

自分が厄年に該当するという年は「厄払いに行かないと!」って気持ちになりますね。

では厄払いはいつまでに行くのがいいのでしょうか?

 

元旦である1月1日から節分までが最も一般的なようですがこの期間を過ぎてから厄払いをしても構わないと思います。

 

厄払いはいつまでに行わなければならないという決まりはないようですから、気になってしょうがないという方は厄払いを行ってくださいね!

 

実際に1年中いつでも神社や寺院では厄払いを受け付けているようですよ。

 

ちなみに神社では「厄払い」と言いい寺院では「厄除け」と言われているようですね。

 

厄払いを忘れた場合はどうする?

 

厄払いを忘れてしまっていた!

厄払いに行かないととても気になる!

 

というあなたは、気づいた時点でいいので自宅からお近くの神社や寺院にて厄払いをされたらいいかと思います。

 

忘れていたからって焦らなくても大丈夫ですよ。

 

 

厄払いを忘れていても気になるようでしたら気づいたときに厄払いをすればいいのです。

 

別に厄年ではなくても厄払いはできますし。

お近くの神社や寺院にて厄払いを行ってくださいね。

 

私は厄年でなかったのですが、気になって後厄後に訪れた出雲大社にて厄払いができると知り厄払いを行ったことがあります。

 

受付をして必要情報を記入しお金を納めてから他の厄払いを受ける人と共に厄払いしてもらいました。

その時は厄払いを出雲大社でできたということから心がなんだか軽く

すごくすっきりした気がしましたね。

 

厄払いを忘れていたからってあなたに急に災難が降りかかっては

来ないと思いますので気になる方は厄払いを行いましょう。

 

スポンサードリンク

厄払いをしない人もいるの?厄払いって意味があるの?

 

では厄年なのに厄払いをしない方はいるのでしょうか?

正直言ってしまうと全国にはたくさんいるようです。

 

神社巡りには興味はあるけど厄払いはしないという方も

いるようです。

「厄」は自身で払い寄せ付けない思想の方もいらっしゃる

ようですし。

 

私も実際に19歳と33歳の厄払いは行っていませんでした。

19歳の時は全く気にしていなくて忘れたままで過ぎて

33歳の時は気になり検索してみました。

 

情報的には厄払いは神社、寺院でいつでもできるとのことでしたので

後に厄払いしようしようと思い時が過ぎた感じでした。

 

男女の厄払いに設定された年にはそれぞれ心身に負担がかかり

今までの歪みが現れたりする節目の時期のようでその訳として

昔の人間は厄年を健康管理に役立ててきたそうです。

 

いわば昔の人間の知恵と言ってもいいのではないでしょうか。

厄年が近いから気をつけて暮らそうと目安にしていたようですし。

 

現代の平均寿命は昔よりずいぶんと長く80歳を超えていますが昔は

みんな寿命が短かったために厄年の設定も61歳までのようです。

 

結論を言いますと…私は厄払いはしませんでしたが

私は平凡に日々を過ごしましたよ。

何か大病や災厄があった記憶はないですし。

 

信仰深い人などは厄払いして祈願しないと悪いことが起こるかもと

気が気でないかもしれません。

厄払いは必ずしも誰もが行わなければならないものではありませんので

気になる方は厄払いをしてもらってください。

 

さいごに

 

今回は厄払いについてしない人がいるのかどうかについてまとめてみました。

 

人間の人生には3度ほど訪れると言われている厄年ですが

災厄が起こるかもしれないと言われたらとても不安になり

厄払いしたくなりますね。

誰しもが災厄はなるべくならば回避したいですもんね。

 

厄年の年齢設定は人生の節目になるとされている年のようです。

厄年が気になる方は厄払いを受けてくださいね。

 

しかしながら厄払いをしたから安泰して過ごせるという

保証は残念ながらないのです…

厄払いは日本で古くから根強く信じられている風習のようですね。

寿命が短かった昔の人が生きる知恵として厄年を設定したのでしょう。

 

日本人にはなじみ深い「厄」ですがいたずらに恐れる必要はありません。

毎日の生活は生きているだけでもストレスに溢れています。

自分自身に「厄」がふりかからないように自分を律して生きていきましょう!

 

大事なのは自分らしく幸せに生きることですから。

スポンサードリンク