初節句のお祝いは誰がするの?食事会は自宅でするの?食事会をしないという方法もあるの?

初めて女の子が生まれて、春に初節句を迎えるパパとママですが、初節句のお祝いって一体誰が中心になってやるのでしょうか?

両家の両親を呼んで自宅で食事会をしたほうがいいのだろうと思っていますが、親子3人の狭いアパート生活なのでたくさんの人数も入りません。

あまりお金もかけたくないので初節句お祝いの食事会ってしない方向でも問題ないのかどうか悩んでいるパパとママのために一つの考えとしてアドバイスします。

スポンサードリンク

女の子の初節句のお祝いは誰がするの?

女の子の初節句は3月3日。

誕生日後に初めて迎えるひな祭りのことです。
結論から言うと初節句は、両家または両親で話し合って決める、というのが一番です。

 

女の子の初節句については、「ひな人形は母方の祖父母が贈る」という習わしがあります。

しかし、最近は両親や祖父母のひな人形を譲り受けたり、両親が気に入ったものを購入したり、と様々になってきました。

また母方の祖父母が主催となると、両親と別に暮らしている家も増えているのでひな人形の飾られていない家で初節句、ということにもなりかねません。

加えて家に迎えた嫁だからと、父方の祖父母がお祝いの席を設けてくれる場合もあります。

もちろん、両親と3人だけで行う場合もあります。

 

 

初節句の主催が

  1. 母方の祖父母
  2. 父方の祖父母
  3. 両親のみ

と多様なパターンがあることを考えると、初節句は家それぞれという結論になるのです。

とは言え、誰がお祝いするかで揉めるというのは子供の誕生を祝う気持ちが無ければ生まれません。

見方を変えれば幸せな話し合いですね。

生まれて1か月以内に節句を迎えるときは、初節句のお祝いは翌年に行いましょう。
初節句は次男次女でも盛大に行うのが習わしとされています。

 

女の子の初節句に準備するもの

女の子の初節句で準備するものは雛人形の他に、菱餅・ひなあられ・桃の花 があります。

これらを準備するだけでも、一気にひな祭り気分になりますよ。

ここで1つ注意が必要なのは、桃の花は散りやすいということです。

少しぶつかっただけでハラハラと散ってしまいますので扱いには少し気を付けてくださいね。

 

ひなあられはとても美味しくて個人的にも大好きです。

ひな祭りの時期にしか店頭で見かけないので、この時期になると必ず買ってしまうのですが、淡い色彩のひなあられも春を感じさせるアイテムですよね。

 

菱餅は最近、ひなあられとともに“おこし”で売られているものが多いですよね。

しかし、生餅をひな人形にそなえたい気持ちもありませんか?

真空パックで売られているものがありますので、用意してみてはどうでしょう。

食べるときは3枚に切り分けるのですが、「角をとって円満に」という意味が込められているので、縁起物でも包丁を入れて良いのだそうです。

普通の餅ですので、トースターやコンロで焼いて焼き餅などとして食べることができます。

 

 

即日発送 桃の節句 おひなさま ひな祭り リース うさぎ 桃の花 送料無料 ミモザ お雛様 桃の節句 ドア飾り ドアリース 女の子 子供 おひなさま ちりめん ウサギ 兎 ひなまつり もも モモ ピンク かわいい 造花 枯れない花 CT触媒加工
 

SAKISAKI

お部屋にリースを飾るだけでも、桃の節句らしいすごく優しい雰囲気になりますよ。

 

初節句お祝いの食事会は自宅でするの?しなくてもいいの?

初節句のお祝いはひな人形を飾って、親族と食事をするだけではありません。

神社にお参りして祈願し、祝詞をあげてもらうという地域もあります。

少し大きな神社では、ホームページなどで初節句の問い合わせページが作られていますのでチェックしてみてください。

初節句のプランとして神社の敷地の中でお食事ができるところもあります。

家に親族全員を呼ぶスペースが無い場合もありますので、神社でお参りした後にお食事をして帰るという方法もありますね。

 

基本的には「家族で行うもの」とされている行事ですので、子供と両親の3人でお祝いする場合もあります。

祖父母に加えて兄弟も呼ぶ慣例がある場合もあります。

地域差もあるでしょうし、日程や状況も異なりますので必ずしもお祝いの食事会を開かなければならないということはありません。

予算の都合などで、親族の招待ができない場合は
「お互いの実家の都合がつかなくて全員呼べないので」
「こぢんまりとやりたいので」
などと婉曲にお断りをしてはどうでしょう。

 

 

ただ1点、写真を残すことはオススメします。

写真館に行くのも良いですし、スマートフォンでも構いません。

一生に一度のことですし、来年の年賀状に使うことができます。

誕生後に迎える初節句に、記念の1枚を残してあげてください。

食事会を開かなくてもその写真の1枚で、両家の祖父母も喜ばれるのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 女の子の初節句のお祝いは子供の成長を見守るため

3月3日の節句は「上巳(じょうし・じょうみ)の節句」ともいわれます。
古代中国の発祥です。

3月初めの巳の日は忌み日とされていました。
そこで、川で身を清める習慣があったのです。

日本にこの風習が伝わり、紙やわらで作った人型を川に流して厄を払うという習慣が生まれました。
流し雛がその名残ですね。

ひな祭りは「桃の節句」としても知られています。

これは、川上から盃を流して自分の席に流れ着くまでに即興で歌を詠むという、やはり中国の風習からきています。

奈良、平安時代には日本にも伝わっていたようです。
この宴の酒に桃の花が添えられたことから、桃の節句と呼ばれるようになったともいわれています。
白酒の風習もそこからきているのでしょう。

その後、ひな人形を子供の身代わりと考えられるようになりました。

ひな人形を飾るのは女の子に降りかかる邪気を払い、美しく健やかな成長と良い結婚、人生の幸福を祈るという意味が込められています。

現在は、身代わりや形代という呪術的な要素よりも飾って愛でたり玩具として楽しんだりするものに変わってきています。

時代とともに初節句のお祝いの仕方も変わりましたが、女の子の健康と成長を願う行事であることには変わらないですね。

まとめ

女の子の初節句は、家族で祝うものです。

ひな人形は、基本的に母親方の祖父母が贈るものとされてきましたが、最近は家庭によって様々です。

食事会も自宅で行わない家庭も増えてきました。

初節句は、女の子にとっても家族にとっても一生に一度の行事。

祖父母や親族と過ごすのも良いですし、家族でささやかに過ごすのも一興です。

どちらであれ、初節句は古来の意味も少しだけ感じながら、女の子の幸せな一生を願いましょう。

スポンサードリンク