喪中のお正月のおせち料理やお雑煮は食べてもいいの?お正月の食事は何を準備したらいいの?

身内に不幸があり喪中の時、お正月のおせち料理やお雑煮って食べていいのでしょうか?

お正月の準備をしなくちゃいけない主婦のあなたはどうしたらいいのか悩んでしまいますよね?

 

おせち料理やお雑煮以外のお正月の準備は何をしたらいいのか調べてみましたのでご参考にしてください。

 

スポンサードリンク

喪中のお正月のおせち料理は食べてもいいの?

 

今は喪中なんだけどお正月の準備はどうしたらいいのかおせち料理作っていいのか悩まれている主婦の方は意外にも多いと思います。

 

そこでまずは「喪中」とは何かを調べてみました。

 

「故人を想い慎むこと」=喪中ですかね。

故人の冥福を遺族が祈ること。

 

故人のことを思い残された遺族が祝い事やイベントに参加する気持ちになれないので慎んでいる状態のことのようですね。

 

正直言いますと喪中には「必ず喪に服さないといけない」という明確なルールはないようです。

したがって心理的にまだ遺族が悲しいのであればおせち料理は用意されなくてもいいのではないでしょうか?

故人を亡くした悲しみ喪に服す姿勢はそれぞれの家庭で考え方も違うようですのでご家庭で話し合い相談されてくださいね。

 

 

「忌中」は神道の考え方で最も穢れがある期間としてその間は慎みますが、現在ではこの忌中と喪中への理解がごちゃまぜになっているようです。

 

お正月の習慣の多くは神事と関係しているようです。

喪中は神道とは関係ない概念のようです。

 

忌引期間が過ぎたら普段の生活に戻るのがほとんどですがお正月のお祝いは控えるという風習の地域も多々あります。

 

おせち料理の具材でめでたいとされているものを避けるなど工夫することはできますね。

 

…おめでたい 

昆布…よろこぶ

かまぼこ…紅白をやめる

などの工夫はできるかと思います。

重箱にも入れないで祝箸も避けたというご家庭もあるようです。

 

故人への配慮として「めでたさ」を控えるという気持ちは大事ですね。

 

 

おせち料理などの準備をされる主婦の方はご家族と相談されて決めるのが一番ではないでしょうか?

 

喪中にお正月にお雑煮は食べてもいいの?

 

では喪中のお正月にお雑煮は食べていいのでしょうか?

 

近年では喪中でも忌中でなければお正月も普段通りの生活になりおせち料理やお雑煮も食べるという考え方が多いようです。

以前よりも喪中期間への「慎む」という考えは変化し昔ほど厳格に行っている人はいないようです。

 

お雑煮の始まりは平安時代と言われていまして齢神様(穀物の神様)へお供えしたおもちを煮込んで食べたことが始まりのようです。

 

新しい年への豊作や家族への健康を願うため食べるようですのでご家族でお雑煮を食べることは問題ないと思います。

 

喪中のお正月にお雑煮を食べてはいけないなんてことは決してありませんのでご家族と相談して決めましょう。

 

故人の冥福を祈りお祝いムードを出さないでいつも通りに過ごすのが一般的ですね。

 

スポンサードリンク

喪中のお正月の食事はどのようなものを準備したらいいの?

 

先ほども述べましたがお正月に喪中でもおせち料理やお雑煮は食べてはいけない決まりはありません。

故人の冥福を祈りお祝いムードを避けられたらいいかと思います。

 

喪中の過ごし方は地域性や各ご家庭での判断基準でも変わると思われますので…各ご家庭で話し合いをされてお正月の準備をする気になれないようならば無理してお正月の準備もしないでいいかと思います。

 

おせち料理を作ったけど今年は重箱には入れずに、紅白かまぼこも避けて白いかまぼこだけにしたというようなご家庭もあるようです。

 

お祝いを連想するめでたい食べ物は避けたという方が多いようです。

 

おせち料理をやめてカニ刺身オードブル生ハムサラダやチーズ手巻きずしなどを準備して食べたというご家庭もあるようです。

最近はオードブルを注文されるご家庭は多いようですね。

 

喪中だからといって何も食べてはいけないなんて決まりはないですので肉や魚、野菜など日常的な食事をされていいと思います。

 

おめでたいとされる食材以外なら工夫して調理されたらいいのではないでしょうか?

 

まとめ

 

今回は喪中のお正月のおせち料理やお雑煮についてご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

 

忙しい年末年始に主婦の方はおせち料理やお雑煮を用意しています。

しかし今は喪中だけど…喪中は控えるべきなの?

喪中の正しい過ごし方ってあるのかなって不安になりますよね。

 

「喪中」や「忌中」って分かるようで分からないですよね?

 

現代人の「喪中」への考え方も価値観もライフスタイルの変化で多様化してきているようです。

 

「忌中期間」への考え方だけは以前から変化していないようですけどね。

近年では喪中だからと日常生活に制限をかけなければならない法令も正直言ってありませんし。

 

ただし非常識すぎる行動にならないような配慮は必要かと思います。

各地域の習慣や家庭に合わせた対応でいいかと思います。

 

たくさんいる親戚の中には必ずしきたりなどに厳格な方はいらっしゃるはずですので事前に習慣やしきたりを聞いておきトラブル回避されるのもいいかと思います。

 

一番大切な「故人を偲ぶこと」を忘れなければいいのですから。

スポンサードリンク