シーツを洗濯する頻度は冬の場合何回が理想的?ベッドパッドの洗濯頻度は?共働きの場合

シーツを洗った日の眠りはとても心地の良いものです。

 

シーツを洗濯する頻度は何回ぐらいが理想的なのでしょうか?

特に冬の場合は夏ほど汗をかかないので洗う頻度が少なくなってしまうのですが…

 

シーツもですがベッドパッドは「いつ洗ったかなぁ?」と思い出せないこともあるぐらい忘れちゃっているかもしれません。

 

共働きしているので毎日の洗濯に追われてシーツの洗濯が疎かになってしまいがちですが、これを機にシーツの洗濯について考えてみました。

 

スポンサードリンク

シーツを洗濯する頻度は何回が理想的?冬の場合は?

 

シーツの役目としてお布団を「汗や皮脂汚れ」から守ってくれています。

正直言って目に見える汚れがないとまだ大丈夫だよねってなります。

 

しかし…実際には想像以上にシーツは汚れているようです。

特に暑い時期は汗が雑菌となり繫殖してニオイの元になります。

 

またシーツはハウスダストがとてもたまりやすく髪の毛やフケなどをエサにする

ダニが発生する危険性もありアレルギー症状がある方は気をつけてくださいね。

 

お手入れしないといけないのは分かってはいるんですが

毎日の洗濯プラスシーツ洗濯ですからねぇ。

ハードルが高くなりついつい敬遠してしまいがちに…

 

シーツもすぐに乾く夏場なら週末ごとに毎回洗うのが理想的ですね。

太陽の光で乾かしたシーツ最高に気持ちいいですもんね!

 

では洗濯してもなかなか乾かない冬場ならばどうしましょうか?

夏場の洗濯よりもさらにハードルが上がりますね。

 

汗はそんなにかきませんがそれでも2週間に1回は洗濯したいですね。

やっぱり洗濯したてのシーツ気持ちいいですからね。

 

住宅事情やライフスタイルにより外で干すのが無理なご家庭もありますが…

私は布団干しスタンドにシーツ干してエアコンを使ってシーツを加湿器代わりに

していましたが…かなりの生活感漂うのと部屋が狭くなりますよね。

 

乾かない時にはストレスが溜まるのでコインランドリーの力を借りましょう!

コインランドリー情報は後ほどご紹介いたしますね。

 

ベッドパッドを洗濯する頻度は?

2カ月に1度くらいが理想的に思いますがいかがでしょうか?

秋口や冬は無理せずに3ヶ月がいいですかね。

 

しかしベッドパッドのサイズがシングルなら家庭で洗えますがダブルサイズは自宅の洗濯機では容量オーバーなんてことも…

 

知人は大物洗いはすべてコインランドリーですましているそうです。

彼女のお家も共働き家庭で休日に持っていくそうです。

 

私も毛布などの洗い、乾燥はコインランドリーに任せます。

以前お風呂の浴槽で踏み洗いとかしていましたが今はコインランドリーに頼っていますね。

 

天気予報を気にせずいつでも隙間時間を使えますし、洗いと乾燥の時間を待つ間に買い物にいくなど時間を有効に使うことができます。

 

私が行くコインランドリーはスーパーマーケットの駐車場にあるので便利です。

都会の方ではカフェなどが隣接するところが多いようですね。

 

近年ではライフスタイルの変化で働く女性が増えコインランドリーも変化しつつありオシャレでほんとにキレイに進化しています。

コインランドリーはもう昔のイメージとはかなり違いますからね。

 

所要時間は1時間ちょっと洗い30分で乾燥30分ぐらいが目安です。

できればシーツは23枚は持参して洗った方がいいです。

料金目安は1000円ちょっとだと思います。

 

シーツよりも厚地のベットパットは夏場以外には無理せず、3ヶ月に1度く以来の頻度でコインランドリーをおすすめします。

 

しかし洗濯表示を見るとまれにですが乾燥機能使用禁止のベットパットがあるようですのでお確かめくださいね。

そんな時はクリーニングになるのでしょうか?

場合によっては買い替える選択肢もありですが、できれば洗うことができるベッドパッドを購入したいものです。

 

スポンサードリンク

共働きでもシーツ洗濯を定期的に行うコツは?

共働き世帯は乾燥機付き洗濯機をフルに稼働されることをおすすめします。

乾燥機付き洗濯機を持っているという場合になってしまいますが…

 

旦那さんが洗濯機回す担当だというご家庭の話を聞いたことがあります。

協力的な旦那さんがいるご家庭はメッチャ羨ましいですね。

 

まあ洗濯投入してボタンを押すだけなので一番協力しやすい家事といえばそうですね。

タイマー機能で夜に回してしまうお家もありましたよ。

共働き家庭では家事を分担し協力してもらうのは大事ですね。

 

特にフルタイム勤務の奥様は旦那さんに甘えましょう。

すべての家事を抱え込むとしんどいですよ。

 

シーツやベットパットは夏場ならともかく秋口からの洗濯は季節的にはなかなか乾きません。

なのでコインランドリーの選択肢もお忘れなく!

 

あとよく聞くのが浴室の乾燥機能で乾かすというものですね。

シーツは大物なので若干場所はとりますが・・・。

 

洗い替え用のシーツやベッドパットを数枚準備しとくと、すぐに洗濯できなかったり乾かなかったりしても交換は定期的にすることができます。

ベッドパットは2枚くらい、シーツは2~3枚・・・・というように洗い替えを準備しとくといいかもしれません。

 

とにかく、共働きの方は仕事をするのに家事にかける時間がないので、時間を作るためには機能的な家電に頼ったり、シーツの洗い替えを補充しとくなど金銭的なことで時間を作ることができればそれが一番だと思います。

 

さいごに

 

今回の記事ではシーツやベットパットの夏場と冬場の洗濯頻度や共働きの場合の定期的に洗濯できるコツなどをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

ありがたいもので今は以前よりも家電が充実して乾燥機能付き洗濯機も大容量なのに以前よりも機能充実しいて安くなっています。

洗濯機買い替えの際は乾燥機能付き洗濯機にされてはいかがでしょうか?

 

共働き家庭は以前よりも増加しており旦那さんとの家事分担協力も必要となる時代であるようです。

 

快適に質の良い睡眠をとるために直接肌に触れるシーツは清潔に保ちたいですね。

睡眠は人生の3分の1を占めますから寝室の環境も快適な空間にしたいですね。

スポンサードリンク