喪中はがきを受け取ったが寒中見舞いの文例はどうする?お香典や線香を送るタイミングは?

突然、友人から喪中はがきをうけとったあなたは、年賀状を避けるだけでなく何か気持ちを送りたいと思っているのではありませんか?

ここでは寒中見舞いの例文や、喪中お見舞いに送るお線香やお香典はどのタイミングで出したら良いのか、マナーやタイミングについてご紹介します。

ご参考にしてみてください。

スポンサードリンク

友達から受け取った喪中はがきに対する寒中見舞いの文例

友達から喪中はがきを受け取ったら、すぐ出せる返信があります。

それが「喪中見舞いはがき」です。

一般的に、喪中の連絡(喪中はがき)は、11月中旬以降から12月初旬までに送るものとされています。

悲しみの中でかけられた、ふとした優しい言葉は相手の心の支えになるかもしれません。

思いやりの気持ちで、お悔やみや励ましの言葉を送りましょう。

喪中見舞いはがきは、弔辞用の切手は使用しません。普通の切手を使います。

私製はがきで作成しましょう。

 

喪中はがきに対する喪中見舞いの文例

喪中お見舞い申し上げます

ご服喪中とお伺いし

年始のご挨拶を控えさせていただきます

時節柄 どうぞお体にお気を付けてお過ごしください

おだやかな一年となりますように

 

喪中の相手に送る寒中見舞いは、年が明けてから送ります。

こちらは、松の内(1月7日)から立春(2月4日)までとされています。

穢れ(けがれ)が移るとされていた風習があったため、松の内というお祝いの時期を過ぎてから送るようになりました。

 

関西の一部の地域では、松の内を115日までとするところもあるので、115日以降と考えた方が良いかもしれません。

逆に立春を過ぎると寒中見舞いではおかしくなってしまいます。

投函は1月いっぱいを目安にすると良いでしょう。

 

 

寒中見舞いの文例

 

寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中と思い 年始のご挨拶は遠慮させていただきました

寒さ厳しい折 いかがおすごしでしょうか

こちらは変わりありませんが

○○さんの気持ちを思っています

一日も早く心穏やかに暮らせますよう祈っております

お身体を大切にお過ごしください

令和○年○月

 

 

寒中見舞いの定型文とされるのは

  1. 寒中見舞いの挨拶
  2. 相手への気遣い・相手への近況
  3. 自分の近況報告
  4. 結びの挨拶
  5. 日付

    です。

    定型文に沿って、あなたがご友人の気持ち心配している思いを伝えるといいですね。

     

    年始状を出す方法

    年賀状のように年明けすぐにご挨拶したいなら年始状を出すという方法もあります。

    「おめでとう」などの言葉は使わず、喪中はがきへの返礼など、お祝いの気持ちを抑えた文章を送るというはがきです。

    私製はがきを使って、年賀はがきは使用しないことが一般とされています。

     

    しかし、年始状は、年賀状同様17日までに送るものです。

    早めに出すと年内に届いてしまうこともあります。

     

    そのため、あえて年賀状を使って17日までに届けるという人もいるようです。

    この場合のはがきの種類は、送られた相手の気持ちを配慮して選ぶのが良いですね。

     

    喪中はがきを受け取ったあとにお香典やお線香を送ってもいいの?

    喪中はがきを受け取ったあとに、お香典やお線香を送ってもかまいません

    「年賀状を控えるだけでは、少し寂しいな」と思っている場合に、喪中お見舞いという形で哀悼の意を贈ることが出来ます。

     

    喪中お見舞いの手紙と共に、お線香を贈る人も増えています。

    お線香は一般的に「お返し不要」の意味が込められているので、相手に気を使わせない喪中見舞いとして選ばれています。

     

    最近では郵便局でもネットなどで、喪中お見舞いの手紙と一緒にお線香を贈ることが出来ます。

    喪中のお相手が仏教を信仰していない時はお線香を使用しないので、お花やコーヒー、お茶、お菓子などのお悔やみの品を贈るのが良いですね。

    お線香の相場としては3,000円から5,000円で選ぶ人が多いようですが、気持ちを贈るものなので相手のことを考えて香りやデザインを選んでみてはいかがですか?

     

    お香典も郵便で送ることが出来ます。

    現金は普通郵便で送ることができないので必ず現金書留を使ってください。

    郵便局には香典袋も入る専用封筒もあります。

    不祝儀袋に入れてくださいね。

    そして、香典のみを入れるのではなく便せん1枚にお悔やみの気持ちを書いて同封してください。

     

    スポンサードリンク

    喪中はがきを受け取ったあとにお香典やお線香を送るタイミングは?

    喪中はがきを受け取ったあとにお香典を送るタイミングは、葬儀後なるべく早く送ることがマナーとされています。

    49日までが目安です。

    寒中見舞いとしてお線香を送るタイミングは、寒中見舞いはがき同様と考えます。

    1月8日から24日頃までに届くように送りましょう。

     

    どちらにしても、ご遺族の負担にならないように配慮することが大切です。

    お線香が送られたら困ってしまう場合もあります。

    例えば、マンションやアパートに住んでいて煙や香りが近隣に流れ込んでしまう場合。

    昨今はアレルギーやトラブルの原因になることもあるので、お相手の状況を考慮しましょう。

    故人と別に暮らしていてお宅にお仏壇が無い場合もあります。

     

    お相手に負担をかけずにお悔やみの気持ちを贈るのが、お香典や喪中見舞いのマナーです。

    喪中はがきを受け取ったら、お供えやお香典を送るという選択肢とともに、はがきだけで弔意を表すという気持ちもあるのです。

     

    さいごに

    近しい人から喪中はがきが届いたら、お香典もお線香も、直接持参したい気持ちもありませんか?

    気落ちしているだろう相手の顔を見て励ましてあげたい気持ちもあるでしょう。

    そんな場合は、必ず事前に電話で一報を入れてくださいね。

    突然の来訪でお相手はびっくりされてしまうかもしれません。

    喪中はがきを受け取ったら、まずはお相手の気持ちを思いやり、自分に何が出来るのか想像することがお悔やみの一番の行動なのだと思います。

     

    スポンサードリンク