自信過剰な人の対処方法は?苦手な人だけど職場での接し方はどうする?

なぜか根拠のない自信を持っている自信過剰な人っていますよね。

基本的に自信過剰な人は苦手なのですが、仕事だとどうしても関わらないわけにはいかないです。

この記事では、自信過剰な人の対処方法や職場での接し方について書いています。

いくつかの体験をふまえて、あなた自身の関わり方のご参考にしてください。

スポンサードリンク

自信過剰な人はなぜ自信があるの?心理や特徴は?

自信過剰な人には私の経験値から2タイプあると分析しました。

  • 年長者(またはリーダー)であるためそのように振る舞っている
  • 性格がポジティブすぎてネガティブな情報が全く入ってこない

 

年長者の自信過剰タイプ

年長者の自信過剰タイプは、自分の経験値を自信の根拠にしています。
自分の若い頃はこうだった、自分はやってきた、だから自分には自信がある。

その経験値は素晴らしいものかもしれませんが、直面している「今、この話題」「今、この問題」に関係しているのだろうか、と思うことが多々ありました。

 

他の人よりも立場が上であることを理由に、知ったかぶりをするのもこのタイプです。

プライドが高く、「知らないから教えて」と言えない為、自信過剰であるようにふるまうのです。

このタイプはあなたにとっていい反面教師になるでしょう。

自分が年長者になった時、素直に「教えて」と言えるなら、知ったかぶりで間違った判断をすることが回避出来るからです。

 

ちょっとこの姿、父親や母親に重なりませんか?
「お父さん知ってる?」
「お母さん教えて」と子供に言われて答えられなかった時。
子供に「知らない」と言えるか言えないかという姿にも結び付く気がします。

聞くは一時の恥 知らぬは一生の恥

昔の人は上手く言ったものです。

 

性格がポジティブすぎるタイプ

性格がポジティブすぎるタイプは、本当にネガティブなことを受け止めません。

少しでも褒めると
「そうだろ?自分は凄いんだ」と嬉しそうにする一方
「でも、こういう部分は良くないと思う」と指摘すると黙ります。

聞こえなかった振りをします。

何度か「こういう部分は・・・」と話すと関係ない話題を振ってきたり無視をします。

その次に再び「でも、ここは良いところだよね」と褒めると
やはり再び「そうでしょ?すごいでしょ?」。

後日、「良くないと思う」ことについて指摘したことを話すと本当に覚えていませんでした。

世の中には色々な性格の人がいるのだ、といい経験になりました。

 

自信過剰な人が苦手な人って多いの?

自信過剰な人が苦手な人、実はそれほど多くもないようです。

「知らないことを知らない」と言えない自信過剰な人物については、過去の実績を自慢する特徴があります。

それに対して、素直に「素晴らしい先輩だ」「素晴らしい上司だ」と思う人がいるからです。

彼らを慕う人たちは本当に「あの人は凄い人だから、自分はついていこうと思う」と信望していました。

そして、ネガティブが聞こえない性格の自信過剰な人。

この人物は「愛すべきキャラクター」として職場でもプライベートでも親しまれていました。

「自分に出来ないことはない」と友人たちと同じことをやってみて、不器用に失敗するような一面があったからです。

例えば、自分で髪の毛を切っている、という友人がいたら
「彼に出来るなら自分に出来ないわけがない」と、ハサミを買ってきて自分も切ってしまう。

当然失敗しました。そのまま美容室に行って美容師さんに笑われたそうです。
それでもネガティブが見えないので、失敗したことを経験値として仲間に話していました。

この「他の人にも出来るなら自分にも出来るはずだ」は社内においては仕事のモチベーションにつながっていました。

「自分には出来るはずだ」。
その為の努力を惜しまなかったので先輩からも可愛がられていました。

彼の一番の長所は自分の失敗を隠さずに公表することが出来る点ではなかったかと思います。

ただ、自分で髪の毛を切る失敗をするような人ではあったので、少々後輩には下に見られてしまうこともあったようですが。

 

スポンサードリンク

自信過剰な人の接し方や対処方法は?

自信過剰な人は基本的に相手にしなくても構わないと思います。

自信過剰な人は自信過剰な世界で生きています。

あなたが入り込まなくても彼らの世界は完結しているので問題ないでしょう。

 

もし、プライベートな会話の際に自信過剰を匂わせる発言があった時の対処法については
「ほんとに?!」
心の中で突っ込みながら聞くだけで少し楽しく話を聞くことができますよ。

聞いていられなかったら輪の中から外側へそっと離れましょう。

他にも人がいるのなら、当人は気にも留めないはずです。

 

そして苦手とはいえ、自信過剰な人にも人としての尊厳があります。
みんなの前で貶めて恥をかかせるようなこともするべきではないでしょう。
もし、チクリと進言したいならマンツーマンの時に行うことをお勧めします。

自信過剰な人は褒めて欲しいと思って行動していることが9割なので、大抵のリアクションは笑顔で「すごい自信ですね」で済みます。

話を終わらせたいのなら、笑顔でリアクションした後、視線を他に背けましょう。

窓の外や遠くに。

「なにかあった?」と聞かれたら
「いや、別に。なんでもないですよ」とまた笑顔で答えて視線をそらす。
これを繰り返します。

話が盛り上がらないと自信過剰な人は去っていきますよ。
自分から話を終わらせることの出来ないあなたにはこれが一番の対処法でしょう。

この自信過剰の程はいかがなものか、と許せない思いがあるときは一言言いたいですよね。

チクリと言いたいときは
「へぇ。偉いんですね」
このワードを使った時、一瞬言葉に詰まって考える人であった場合、私は個人的に友人になってもいいかなと思います。

積極的にはなりませんが。

相手から友人になるべくアプローチがあった場合には少し話します。
少しは思慮深さを持っていて、多少の空気は読める人だからです。
このワードの中に
「あなたはそんなに偉い人なの?本当に?」と言外に含んでいるかもしれない、と気付くからです。

もし、躊躇なく
「そう、自分は偉いんだ」と返す人であった場合、大抵は思慮に欠けるデリカシーのない人が多かったです。
この人からは距離を置きます。
出来るだけ近づくのをやめます。
あくまで個人的意見です。

 

最後に

いかがですか?

あなたの苦手な自信過剰な人は実は愛すべきキャラクターかもしれないですよ?

職場での接し方や対処方法は、あなたが軽く流すこともポイントですね。

でも相手によっては不用意に近づくのは程ほどにしたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク