フェイスシールドの洗い方は?マスクとどっちが効果あるの?

感染予防のためのフェイスシールドですが、普通に洗剤で洗うことができます

マスク同様、表面にウイルスや菌が付着している可能性があるので取り扱いに注意は必要かと思われますがあまり神経質にならずに日常生活の中で少し意識していくようといいですね。

また、マスクとどっちが効果あるのか?など、疑問に思ったこともまとめてみましたのでご参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

フェイスシールドの洗い方は?

フェイスシールドは中性洗剤で優しく洗うようにしてください。

中性洗剤とは身近なものでは台所洗剤がありますので、ご家庭にある台所洗剤で十分です。

フェイスシールドの表面にウイルスや菌が付着している可能性があるので使い捨て手袋をつけて洗うと完璧ですが、あまり神経質にならずに手で優しくなでるように洗うだけでも十分です。

しかし、洗ったあとに自分の手をきれいに洗うことを忘れないようにしてください。

フェイスシールドには、額から顔全体を覆うタイプやメガネタイプ、口元だけを覆うタイプなど色々なタイプがあります。

フェイスシールドの洗い方ですが・・・。

フェイスシールドの洗い方
  1. シールドの部分が外せたら外します。
  2. 中性洗剤で優しく洗い、流水で洗剤を流します。
  3. そのまま干すと、水垢が残りますので水滴を軽く拭きます。
    (吸水力のある細かい繊維のもの(グラス用布巾など)で拭くとシールド部分に繊維がつかないのできれいです。)
  4. 干します(陰干しで十分です)。
  5. フェイスシールドを止めている額の部分やメガネのフレーム部分は、皮膚に直接当たるのでまめにアルコールで拭いたり時々洗うなど、清潔を保ったほうがいいですね。

 

フェイスシールドを洗う頻度は?

マスク同様、自分の飛沫や他人の飛沫、またウィルスや菌が付着している可能性があるので毎日洗うことが理想的です。

しかし、どうしても洗うことができないときは、シールドの表面をアルコール消毒やアルコールウェットティッシュで拭くなど簡易的な対処でも大丈夫です。

でも、毎日同じものを使うのはきっと抵抗あると思います。

中性洗剤で洗って干すのにそんなに時間はかかりませんので、帰宅したら手を洗う時にフェイスシールドも一緒に洗う・・・という習慣をつけるといいですね。

 

 

スポンサードリンク

フェイスシールドとマスクはどちらが効果あるの?

相手の表情が見えるので、つける人も増えてきたフェイスシールドですが、マスクとどちらが効果あるのでしょうか?

NHKのおはよう日本のHPより、東京医療保健大学大学院の菅原えりさ教授の説明では人に感染させないという点で、自分の飛沫が相手にかからないためマスク同様に効果はあるということです。

しかし自身の予防の観点からは、空気中に浮遊するウイルスや菌が入り込むことは防げないということです。参考サイト:NHK NEWS おはよう日本

マスクだと相手の表情が見えないことや暑苦しいこともあり、フェイスシールドだとお互いの表情が見えることやマスクより涼しいというメリットはあるのですが、どうしてもマスクと比較すると顔に密着してないため空気中のウィルスを予防することはできないようですね。

SAKISAKI

咲の働く病院では、マスクをつけた上から顔全体を覆うフェイスシールドを着けてます。
普段はN95のマスクのみですが、特別な病棟や外来患者さんのいるフィールドに移動するときは、マスクの上からフェイスシールドをつけ二重に感染防止に努めてます。

 

まとめ

フェイスシールドの洗い方は、中性洗剤(台所洗剤で可)で優しく手洗いしてください。
できれば、数枚洗い替えを準備して毎日洗うことが理想的です。

フェイスシールドは感染させないという点ではマスクと同様の効果はありますが、感染予防という点ではフェイスシールド単体ではすこし弱いということです。

マスクとフェイスシールド、どちらもメリット・デメリットありますので、その場その場に応じて使い分けてみてください。

 

 

スポンサードリンク