テレワークとリモートワークと在宅勤務の違いを分かりやすく!どんな職種ができるの?

新型コロナウイルスで外出自粛のために会社に出社せず自宅で仕事をする人が増えてきてます。

娘婿も3月から在宅勤務になり自宅で仕事してるし、次女も東京で「在宅勤務になった」ということで自宅で仕事しているそうです。
ところで最近よく耳にする“テレワーク”“リモートワーク”って何なのでしょうか?

テレワークリモートワーク在宅勤務の違いについて調べてみましたので分かりやすくご紹介するとともに、どのような職種があるのかもチェックしてみました。

 

スポンサードリンク

テレワークとリモートワークと在宅勤務の違い

在宅勤務・・・と聞いて羨ましいなーと思うのは不謹慎でしょうか?

通勤せずに自宅で仕事ができるって、すこし余裕のある時間が増えるようでちょっとうらやましいと思うパート主婦のSAKIです。

在宅勤務・テレワーク・リモートワークは基本的に同じような仕事形態ですが、ちょこっとだけ違うのでそれぞれの言葉の意味を簡単に分かりやすくご説明します。。

 

在宅勤務とは?

在宅勤務とは出社せずに基本的に自宅で会社の仕事をすることです

娘婿はIT関連の仕事をしているのですが、会社から専用のパソコンが送られてきて、プライベートパソコンとは別に会社から送られたパソコンで仕事しています。

顧客との電話対応や、上司への連絡も全て自宅で完結してますね。

 

パソコンの仕事だけに限らず、自宅でできる仕事で在宅ワークというものもあります。

(副業でよくある“せどり”なども、自宅でできる仕事という括りでは在宅ワークといえますね。)

テレワークとは?

IT関連にはなりますが、場所や時間にとらわれない働き方のようで、会社以外の場所で働く勤務形態のようです。

在宅勤務と似てますが、違うところは場所は在宅にこだわらないということです。

 

テレワークのテレ(tele)とはtelephone(電話)のteleで、遠いという意味があります。

 

会社から離れた場所で(tele)働く(work)という意味で、テレワークというようです。

 

だたら極端な話、自宅でなくても実家に帰省中でも、カフェやコワーキングスペースでも、会社から離れた場所で働けるということですね。

 

リモートワークとは?

リモートワークもテレワークとほとんど同じような意味と考えて大丈夫です。

リモートワークという言葉自体が使われるようになったのが近年なので認知度が低いです。

 

リモート(remote)とは離れたという意味があり、リモートワークとは会社から離れた場所で(remote)働く(work)という意味ですね。

 

最近はコロナウイルス感染予防で、情報番組のコメンテーターもスタジオからではなく遠方から番組に参加していることが多いですね。

これもリモートワークのひとつですね(^^)

在宅勤務ができる職種は何?



SAKISAKI

天気に左右されず、通勤の渋滞も心配せず、何より嫌な上司や同僚と顔を会わせなくていいので自宅で仕事がしたい・・・と思っているSAKIです。


在宅勤務のほとんどは、パソコンを使ったIT関連の仕事になります。

自宅のパソコンを勤務先のサーバーとインターネット回線をつないで情報をやりとりするので。

またはノートパソコンを使って、自宅以外のところでも仕事をするという点(テレワークやリモートワーク)を考えてもパソコンを使ったIT関連の仕事ですね。

要は、エンジニアやプログラマーなど、パソコンを使う専門職の人が向いているということです。

 

あとは、テレビのMCが遠方からリモートでやっているので、メディア関連もリモートワークできますね。

また営業職の方も極力出社を減らし、自宅から電話やPCで仕事をしている会社もあるようです。

緊急事態宣言が全国に発令されたので、営業時間の短縮などで対応している職場も増えました。
(2020年4月18日執筆時点)

 

でも一般的な仕事や飲食や販売のサービス業や接客業は無理ですね。
休業を余儀なくされる場合はありますが・・・。

金融機関や医療関係も無理だし、農業や水産業、畜産業なども自宅から出ずに仕事をするわけにはいかないですね。

SAKISAKI

SAKI夫婦はどの職種にも該当しないので、感染予防をしっかりして仕事に通います。

スポンサードリンク

在宅勤務のメリット・デメリットは?

在宅勤務のメリット・デメリットはあるのでしょうか?

社員の立場から書いてみます。(自分の周囲の人の意見でメッチャ偏りがあるかも・・・)

メリット
  • 通勤しなくていいので時間短縮できる。
    (朝ゆっくり起きればいいので、疲労感も軽減できるようです)
  • 自分のペースで仕事に集中できる。
    (仕事中に雑談に付き合わされたり、仕事中に他の用事で仕事が中断することがない)
  • コロナ感染拡大を予防することができる(2020年現在)
    (自分が感染ることもですが、コロナを運ばないという意識も大切ですね)
デメリット
  • 電話対応やカメラでの会議中、家族の声が入らないように気を使う。
  • 部屋が一部屋仕事部屋になってしまう。
    (アパートなので、家族が他の部屋で狭い思いをしてる)
  • コミュニケーション不足や運動不足になる。
  • 自分のペースで仕事はできるが、だらけないように意識して規則正しく時間で動かなくていけない。
    (これはデメリット・・・か??)

 

まとめ

今回はテレワークとリモートワークと在宅勤務の違いを分かりやすく簡単にご説明しました。

・在宅勤務(会社の仕事を自宅ですること)
・テレワーク(会社の仕事を、会社以外の場所ですること)
・リモートワーク(テレワークと同じように、会社以外の場所で仕事をすること)

パソコンを使うので、主にIT関連の職種の人しかできないのですが、通勤せずに自宅で仕事できるなんてメッチャ羨ましいです。

 

 

スポンサードリンク