レンタル何もしない人の料金はいくら?どのような依頼が多いの?

ドラマホリック『レンタルなんもしない人』を見ました。

あれ?この人たしか実在する人だよね?

ドラマを見た時、以前テレビで“レンタル何もしない人(なんもしないひと)”が特集で放送されているのを見たことがあって、そのときに観たストーリーとすごく似てたので思い出しました。

テレビでもドラマでも、無料でやっている商売?だと認識したのですが、今は料金が発生するようです。

実際、『レンタルなんもしない人』にはどのような依頼が多いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

レンタル何もしない人とは?料金はいくら?

 

『レンタル何もしない人』は正確には『レンタルなんもしない人』と呼ぶみたいです。

テレビドラマでは、主人公をNEWS(ジャニーズ)の増田貴久さんが演じていてすごくほっこりして癒やされました。

 

『レンタルなんもしない人』とは、ただその場に存在するだけでな~んにもしない人のことで、飲み食いと簡単な受け答え以外は何もしません・・・ということをうたってます。

レンタルするのはボク自身(主人公)であって、だからといって何かをするわけでは決してない、ただそこに存在するだけの人です。

例えば、焼肉食べたいけど一人でお店に入るのは勇気がいるから誰かと一緒に入りたい・・・とか、ドラマの1話では東京の生活に見切りをつけて故郷に帰ろうとする女の子が、「東京最後の一日を付き合ってほしい」というような、誰でもいいからひとりいてほしいときのお手伝いをしてくれる人のようです。

当初レンタル中(仕事)にかかった費用は依頼主が支払い(食事代や入場券など)、レンタルさんに支払う費用は交通費だけということでしたが、途中から料金が発生するようになったようです。(Twitterのプロフィールに1万円と交通費、飲食代等の諸経費・・・と記載してあります

なんもしない人(ぼく)を貸し出します。常時受付中です。1万円と、国分寺駅からの交通費と、飲食代等の諸経費だけ(かかれば)お支払いいただきます。お問い合わせはDMでもなんでも。飲み食いと、ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。

 

SAKISAKI

このような仕事をしている人がいる・・・と知った時、衝撃的だったなぁ。
確かに、知ってる人だと面倒くさいし、知らない人でも誰か一緒にいてほしいことってありますよね。

自分自身を人材派遣するサービスって、よく思いついたなぁーと驚きました。

きっと、世知辛い世の中、心が疲れている人が多い時代なので、こういうを求める人って多いだろうなぁと思いました。

 

レンタル何もしない人の実在する人は森本祥司さん

 

レンタルなんもしない人のプロフィール

名前:森本祥司(もりもとしょうじ)

生年月日:1983年10月22日 36歳(2020年4月執筆時点)

出身:名古屋生まれで育ったのは兵庫県

兄弟:兄、姉

大学院修了後:Z会に入社

テレビで見た時痩せ型でスラッとしてて、でも強い個性があるわけでもなく穏やかな印象に見えた森本祥司(もりもとしょうじ)さん

理数系の大学院を卒業後、大学時代にアルバイトとしてやっていた塾講師の仕事に就かれますが、3年後に退職しフリーのライターとして活動されます。

もともと飽き性であることや他者とのチームワークが苦手なこともあり、ストレスなく生きていくことを考えた結果このサービスを思いついたということです。

結婚されていて子供さんもいるのですが、当初無料で始めた頃は投資でためた貯蓄で生活されていたようです。投資家さんなのですね。

しかしメディアに出たことでアンチからのバッシングも多く、別居していることや生活費を入れてない・・・などの批判が多かったこともあり、有料サービスになったようですが、夫婦円満で仕事も順調なのだそうです。

 

スポンサードリンク

レンタルなんもしない人の依頼内容は?

1日3件~4件の依頼があるという森本祥司さんですが、どのような依頼があるのでしょうか?

Wikipediaの内容を参考にまとめてみました。

傾聴系
自分の趣味の事、人に言えない過去や悩みなど、親しい人には話しにくい事をただ聞いてほしいという依頼。
これは需要が多そうですね。説教もコメントもいらない、ただ聞いて欲しいだけってことありますよね。
同行系

一人では行きにくい店や、なかなか気が進まない手続きなどについてきて欲しいという依頼。

あー、これもなんか分かります。一人だとなかなか腰が上がらない時ってありますよね。

DM系

Twitterの機能であるDMを使用し、指定の言葉を返信してほしいという依頼。

おばちゃんにはよくわかりませんが、若い方はこういう依頼も多いのでしょうね。

その他

自分の作ったご飯を食べてほしい、勉強をする間ただ部屋にいてほしい、人間好きなペットの犬に甘えさせてやってほしい、アイドルグループのセンターにただ立っていてほしい、などバラエティに富んだ依頼内容があり、安全性などを個別に判断した上で依頼に応えている。 どこまでが「なんもしない」であるかは、森本さんの判断によるそうです。

本当に様々な依頼があるようですね。特に、東京という都会の中なので人と人とのつながりも希薄になっているのでしょうか・・・。

依頼された仕事はTwitterにあげられていることも多いので、レンタルなんもしない人のTwitterを見てみるといいですよ。

 

レンタルなんもしない人は感謝されてすごくいい仕事

専門家じゃなくてもいい、誰にも話せないことの口に出したい時、誰かいたらいいけど誰も頼める人がいない時、快く引き受けてくれる人がいたらうれしいですよね。

有料でもお願いしたいです。

これからはこういうレンタルさんのような方が増えるのではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク