孫の習い事に口出しして叱られた!孫の習い事に祖父母が口出しするべからず!

孫の習い事に口出しして叱られました。

いや、口出ししたつもりもなく、孫の味方をしたつもりが、ドヒャヒャヒャヒャー!こんなに叱られるとはww

子育てに関しては、口出しせず親が決めることに従い、遠目に見守る事がいいのだということを痛感しました。


スポンサードリンク

孫との話

孫が小学校1年生のころ、学校からの帰宅が早いので、共働きのため家に帰っても誰もいない孫は必ず我が家に戻ってきてました。

我が家で宿題をして、ママが仕事終わるまで我が家で過ごします。

宿題、おやつ、お風呂・・・と、家に帰って慌てなくていいようにある程度のことは我が家で済ませました。

必然的に、孫からいろいろなことを聞かされていた私。


孫はお友達が通っているスイミング教室に通いたい・・・と毎回話していたのです。

娘も孫の習い事に関してタイミングを見ていたらしく、サッカーもやりたいと話していた孫を、体験に連れて行ったり練習日の確認をしたりとそれなりに考えていたようです。


孫の習い事開始

スイミング教室は送迎の兼ね合いもあるため、私も協力する予定でしたが、結局2年生になるタイミングでサッカー教室に通い、サッカーに慣れてからスイミング教室にも通う・・・ということになったようで。

ある日孫が、おやつを食べながら
「一度に習い事を始めると疲れるから、サッカーから始めることにした。
スイミングもやりたいけど、もう少しあとになる」とちょっと残念そうに話しました。

そこで私が、
「疲れても大丈夫なら、もう一度ママにお願いしたら?大丈夫?続けれるの?」
と、スイミング教室にずっと「通いたい」と話す孫にアドバイスしたのでした。


娘に叱られる

仕事が終わり娘が迎えに来て、家に帰り着いた頃でしょうか?娘からの1本の電話。

いきなり怒られました。

私達親子で話し合ったことを、覆さないで!!

話し合って決めたことに祖母が余計なことをいうと、孫が迷ってしまう!という内容でした。


余計なことを言ったつもりもなく、ママに一度相談したら?といったつもりだったのですが。

でも心の何処かで「スイミングを早く習わせてあげたほうがいい」という気持ちがあったのが本音ですね。


スポンサードリンク

夫からも叱られる私

帰宅した夫に事の顛末を話すと、夫からも叱られました。

「それはお前がいかん!〇〇(長女の名前)達も考えがあって子育てしてるんだからお前がいろいろ言ってはいけない。
お前が娘の味方をしてあげないと娘の立場がないじゃないか!
もし△△(孫の名前)の気持ちを汲んだつもりなら、お前が直接〇〇(長女)に話せ。
絶対に孫を通じて伝言するようなことがあってはいかん!」


反省

フムフムそうか・・・。

他愛ない気持ちで言ったのに、2人に叱られて『踏んだり蹴ったりだなぁ』とおもったSAKIでしたが、冷静になれば余計なことを言ったのかも、と思いました。

孫の話を聞きつつ、それとなく親である娘達の味方をしなくてはいけないのだろうなーとちょっと反省です。

祖父母はついつい、孫だけど自分の子供のような気分になり習い事なども自分の意向を押し付けてしまいがちになってしまうのです。

孫の習い事に関しては、親と子供で決めたことに口出しせず、祖父母の立場は遠目に見守ることですね。

孫が習い事で疲れた時、時々息抜きできるオアシスのような存在でいればいいのかなぁと思いました。

今回は、孫の習い事に口出しして叱られたことについてでした。

孫の習い事に祖父母は口出しするべからず!・・・ですね。


スポンサードリンク