断捨離ができない理由は?断捨離できる人とできない人の特徴は何?

家の中を改めて見渡すと、使ってないものがいっぱい思わず目を閉じてしまいたくなる筆者です。

断舎離しなくちゃ・・・といい続けて〇年経ったような気がしますが、なぜか断捨離ができないんですよね。

断捨離ができない理由や、断捨離ができる人とできない人の特徴についてもまとめてみました。


スポンサードリンク

断捨離できない理由


部屋の整理整頓が苦手で、断捨離しなきゃ!と思いつつなかなか行動に起こせないSAKIです。

いつかやろうと思っているのですが、旦那から「そろそろ部屋を片付けていらないものは処分しようか?」と片付けのことを言われると微妙にイラッっとしてしまいます。

子供が、勉強しようと思っているところに親から「勉強しろ」と言われ不機嫌になるというパターンと同じです。


断捨離ができない理由に
  • もったいない
  • まだ使える、使うかもしれない
  • なつかしい
  • 高かった物だから
  • こういう気持ちがわいてきて、片付け始めてもまた元に戻してしまうというパターンが多いです。

    コレじゃあいっこうに片付かないですよね、我が家は。


    断捨離できない理由:もったいない

    これは子供の頃から刷り込まれた「もったいない」という日本人特有の精神です。

    子供の頃から「物を大切にしなさい」ということをいい続けられているので、この気持が刷り込まれててしまっていてなかなか捨てられないという現実になっています。

    物を捨てようとすると「もったいないことするとバチがあたるぞ」と子供の頃おばあちゃんに言われ続けてきたことがチラッと脳裏をよぎり邪魔してしまうのです。

    でも、断捨離したくらいでバチなんてあたらないと思うのですよね。

    断捨離できない理由:まだ使える、使うかもしれない

    これは、昔の栄光や昔頑張っていた記憶が邪魔しているのですよね。

    洋服関係に多いのですが、若い頃痩せていてかっこよく着こなしてした服など、どこかであの頃の自分に戻れるかも・・・という気持ちがあります。

    でも、年齢も体型も全然ちがう今と昔の私です。

    もういい加減過去の栄光に浸らずに、前を見なきゃ!ですよね。

    断捨離できない理由:なつかしい

    子どもたちの物や子どもたちが作った作品が捨てれないのです。

    押入れの奥底で眠っているので、そこにあることも忘れているのですが見たら「捨てれない」のです。

    子どもたちも独立したら、そんな物見ることもないのですが、親だけが思い出のなかに浸っているような状況です。

    断捨離できない理由:高かったものだから

    これもよく考えるのです。

    購入した時の価格を考えると、結局「もったいない」という気持ちにつながるのです。

    でも、結局使わないので不要なものなのです。


    断捨離できない理由を聞いてみました


    断捨離したくてもできない人って多いみたいで、断捨離できない人の理由や今一番捨てたい物は何なのか主婦の方から教えていただいた意見をまとめました。

  • 54歳:東京都
    断捨離を集中してできる時間を取ろうとして、かえって先延ばしにしています。また実際に手をつけ始めると、モノの思い出に浸ってしまい、なかなか進みません。
    今一番捨てたいものは手紙、カードや、包装グッズなどの紙類です。

  • 43歳 長野県
    断舎離したいのですが子どもが保育園や小学校で作った作品は、あまり見ないのに思い出なので捨てられない。
    いっぱいになって更新済みの通帳を思い切って捨てたいと思ってますが・・・。

  • 40歳 三重県
    私よりも一緒に住んでいる家族が所有物を捨てられない性格なので、断舎離したいけど自分の判断で物を捨てることができない状況です。
    ウォークインクローゼットにある夫の衣類を思い切って捨てたい気持ちがあります。

  • 40歳 北海道
    子供の赤ちゃん時代の服やグッズが、いつか下の子ができるかもと思って捨てきれなかったです。
    夫の着ない服や靴は思い切って断舎離したいです。

  • 41歳 大分県
    今使っているものが壊れたら使えるから、と考えるとなかなか断捨離できないです。
    旦那がゲームセンターでとってきた、食器類がたくさんあるので捨てたいと思ってます。

  • 40歳 静岡県
    断舎離したいのですが必要なものと必要で無いものを、仕分けできないのです。
    自分や子供の服を思い切って捨てなきゃと思ってます。

  • 41歳 茨城県
    今は使わなくても、いずれ必要になる時が来るかもしれない…と思うと簡単には処分できずにいます。実際に後から必要になることって殆どないんですけどね…。
    家電や携帯電話の説明書や契約書が溜まってて捨てるタイミングを逃してます。

  • 47歳 石川県
    昔のことを思い出せてまだ使えるのにもったいないから、捨てきれずにいます。
    昔の服や好きなアーティストの本やグッズを捨てたい気持ちはあるのですが・・・。

  • 42歳 埼玉県
    全然使ってないけれど、値段が高かったものが特に捨てれらないです。
    若い頃に来ていた洋服も捨てきれないもののひとつです。

  • 42歳 千葉県
    いつか使えるんじゃないか、着れるんじゃないかと思ってしまうから捨てきれないですね。
    OL時代に着ていた何年も着ていない洋服も着ないのにそのままです。

  • 40代以上の方に伺ったのですが、皆さん同じような理由が多いですね。


    スポンサードリンク

    断捨離できない人とできる人の特徴


    実はこんなに断捨離できないSAKIですが、娘は(28歳)はバンバン捨てるのです。

    娘が捨てたものの中には、使ってもいない品物が箱に入った状態で捨ててあったりして、それこそ「もったいない!」といいながらゴミ袋の中から取り出すSAKIです。

    「そんな事するから片付かないのよ!」と娘に怒られてますが・・・。

    娘は断捨離できる人で、SAKIは断捨離できない人なのですが、その特徴はどう違うのでしょうか?

    断捨離できる人

    娘を例に上げますと、ものに執着せずに自分の生活スタイルを守っています。

    なので、職場でいただいた記念品だろうが結婚式でいただいた記念品だろうが、自分の生活スタイル(好み)に合わなけりゃさっさと人にあげたり、しばらく手元において使わないと判断したら処分してます。

    その潔さはみてて称賛に値しそうですが、私は心の中で「モッタイナイ」と思ってます。

    でもそういうことなのだろうと思います。

    物に固執しない、なので洋服にしろアクセサリーにしろ、買ってしばらくしたら着なくなったものも多いです。

    「好みが変わったから。コレいらないから捨てて」とバンバンゴミ袋の中に詰め込んでます。

    物も片付けますが、考え方もはっきりしてます。

    いつまでも考え込むようなことはせず、いろいろなことを早く片付けて先に進むような娘です。

    きっと断捨離ができる人は、見ている視点が違って、物を見ているのではなく自分のスタイルや空間を大切にする、そのために不要な物は捨てるのだと思います。

    捨てることにためらいがないとは思いませんが、捨てないと自分の居心地の良い空間ができないのでそのためには捨てるという行動につながるのだと思います。

    断舎離できない人

    ハイ、コレは私です。

    物や思い出(過去)、様々なものに執着しているから捨てることができない、その結果ゴチャゴチャしてしまうという悪循環です。

    自分でもわかっているのです。

    ごちゃごちゃしていると落ち着かないし、片付いていると心が落ち着くのは・・・。

    思い切って捨てることが必要なのですよね。


    断舎離できない人はどうすればいいか

    かといって、SAKIも全然片付けないのではなく、定期的にいらないものをまとめて捨てることはあるのですが、何度も繰り返しますが思い出やもったいない、まだ使えるという気持ちがあるものに対しては捨てれないのです。

    娘が時々「コレいらないでしょ!コレも!コレも!」とゴミ袋にポイポイすてるのを『アッ・・あぁ・・・』と横目で見てます。

    と同時に、同じことを実家に帰省した時にやっているSAKIなのです。

    母の小言を聞きながら「こんなものいらないでしょう?」といいながら実家を片付けるSAKIなのです。

    どうして実家のものは捨てれるのに、自分のものは捨てれないのか?

    そう考えた時、自分の物は捨てたいのに思い切って捨てることができないので、他の人にやってもらえばいいのではないか?と思いました。

    見なければ、なかったものと思ってあきらめが付きます。

    「私がでかけている間に、この部屋のもの全部捨てて」「この押し入れのもの全部捨てて」と家族にお願いすればいいんじゃないかと思いました。

    それか、時々友人に遊びに来てもらう。

    誰かが家に来ることになれば、思い切って片付けすることになります。

    ちょっと自分を追い込むことで、断捨離せざるを得ない環境を作ってしまえばいいのでは、と最終的には思いました。


    スポンサードリンク