黒にんにくの食べ方や量は?赤ちゃんや子供が食べても大丈夫なの?

黒にんにくを初めて食べる方はどのように食べたらいいのかわからないと思います。

だって、そもそもにんにくってお料理に使うなど加工して食べる事が多いので、黒にんにくはどうすればいいのだろう?と戸惑うでしょうね、きっと。

また1日に摂取する量はどのくらいがいいのか?しかも赤ちゃんや子供が黒にんにくを食べて大丈夫なのか?

黒にんにくについてわからないことをちょっと調べてみました。


スポンサードリンク

黒にんにくの食べ方

黒にんにくを初めて食べる方はどのように食べたらいいのかわからないと思います。

だって、そもそもにんにくってお料理に使うなど加工して食べる事が多いので、黒にんにくはどうすればいいのだろう?と戸惑うでしょうね、きっと。

黒にんにくの食べ方、答えはそのままパクリと口の中に入れて食べることができますよ。


黒にんにくは周りの皮がちょっと乾燥したような薄茶色のような色をしてます。
画像は、母が作った黒にんにくなのですが塊でなくバラしたものです。


黒にんにくの皮はすぐにペロリと指で剥くことができます。


中身はこんなにツヤツヤした真っ黒のにんにくです。

このままパクッと食べるのです。

剥いた皮は煎じて飲むこともできる・・・と他のサイトで見ましたが、SAKIはまだやったことないです。

黒にんにくは甘いのでお茶うけやおやつ感覚で食べることができます。

1片が小さいので何個でも食べれそうですが、食べ過ぎは逆に危険ですよ。


黒にんにくの1日の摂取適量は?


餃子、パスタ、焼き肉、ラーメン、ガーリックライス、ガーリックパン・・・いろいろにんにくを使った料理ってあります。

にんにくの持つ成分は薬効成分とも言われるほど優れているのですが、その分刺激が強いのです。

食べ過ぎると、胃腸障害や下痢などの症状に繋がります。

特にすりおろしたにんにくをラーメンにトッピングするなどの、生の状態で食べる時は大量に摂取するのは控えたほうがいいですね。

個人個人の体格や胃腸が弱いなどの体質にもよりますが、殺菌効果の強いにんにくを大量に摂取すると殺菌作用が強く出てしまい、腸内の悪玉菌だけでなく善玉菌まで殺菌してしまいかねません。

一般的ににんにくの1日の摂取適量生にんにくで1日1片が理想的で、加熱したらその倍の2片が理想的だそうです。

でも考えてみてください!

きっとにんにく料理を食べる時はこれ以上食べてますって!

餃子作るときもこれ以上のにんにく刻んで入れるし、我が家はモツ鍋するときなどにんにくは大量にいれてます(笑)。

でも、そんなに大量なにんにく料理を毎日食べているわけじゃないので、『過ぎたるは及ばざるが如し』で日々の生活に中で健康を考えて摂取するとしたら適量が1番!ということですね。

黒にんにくは生ではなく加熱にんにくになるので、1日2片が理想的ということになります。

おやつやお茶請けに近いような食べやすい黒にんにくですが、健康を考えて1日1片とか2片を毎日継続するほうが身体にはいいと思います。

美味しいからと言って、食べ過ぎには気をつけてくださいね。

って、SAKI自身が要注意ですww



スポンサードリンク

黒にんにくは赤ちゃんや子供が食べても大丈夫なの?


SAKIは子供(5歳の孫)には黒にんにくを食べさせてます。

にんにくなので子供にも刺激が強いといけないので、1片の3分の1~2分の1の量を孫にわからないようにハンバーグやお好み焼、カレーなどの中に混ぜ込んで食べさせてます。

悪いば~ちゃんですww

毎日ではなく、時々気づかないうちに食べてくれるように工夫してます。

にんにくは滋養強壮もありますが殺菌効果もあるので、少量でも身体にいい効果があります。

しかし赤ちゃんには控えたほうがいいと思います。

赤ちゃんは消化機能がまだ未熟で、肝機能の働きも弱いので赤ちゃんが食べる食材には細心の注意を払ったほうがいいです。

1歳になるまではちみつは食べさせてはいけないとか、牛乳禁止とか、アレルギーがでそうな卵やそば類、なま物など赤ちゃんの食べ物には注意を払う事が多いですよね。

どうせ大きくなったら何でも食べてくれるようになるんだから、赤ちゃんのうちからいろいろ食べさせる必要はないかなぁと思うのがSAKIの考えなので、刺激があるもの、消化悪そうなものは赤ちゃんには控えたほうがいいと思います。

我が家の孫のご飯に黒にんにくを少しずつ混ぜるようになったのも、アレルギーは大丈夫かな?と思うようになった5歳くらいから徐々に・・・ですよ(^_^;)

すりごま、粉煮干し、黒にんにく・・・を気づかない程度に混ぜ込んで食べる様子を観察してます(笑)。

おわりに

黒にんにくは皮を剥いてそのままパクリと食べることはできますが、いくら身体にいいと入っても食べ過ぎは禁物です。

1日1片~2片を毎日継続して摂取するといいでしょう。

子供も大丈夫ですが、子供には大人よりも少ない量であげましょう。

消化機能が未熟な赤ちゃんのうちはあげないようにしましょう。

いくら栄養価が高いにんにくだからといって、刺激は強いので要注意ですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク